MENU
ランディングページ制作ツールLPtools 詳しくはこちら

LP制作に時間をかけるべきではないのではなぜ?

日頃普通に生活をしていると、1日に5000件くらいの広告を目にすると言われています。

この数値だけを見ても、広告からLPに誘導して、成約を勝ち取ることが、どれだけ難しいのか理解できてしまうはずです。

では、あなたが作ったLPは、5000もの他広告に勝って、見込み客のハートを掴むことができるものでしょうか?

率直に言って、99パーセントのLPは、最初から成功する事はありません。

そのため、初めから時間をかけてLPを作っても無駄に終わる場合が多いです。
成功が約束されているのであれば長い時間をかけるのも悪くありませんが、現実はそうではないのです。

となるとLPで結果を出すためには、何を行うべきなのでしょうか。

それは「LPO」です。
つまり「ランディングページの最適化(ランディングページ・オプティマイゼーション)」のことであり、簡潔に表現するならば「LPの反応率等のデータを常にチェックして、修正・改善していく」ということになります。
「大金を投じて広告を大量に出す」などの事をしない限りは、原則としてこのLPOを繰り返すことでしか、インターネット上の集客で勝つことはできません。

また、LPOは、広告を出稿するLPのみならず、チラシ、SEO、SNSなど、どのようなアクセスの集め方に関しても、絶対に欠かせません。

では、LPOでするべきこと、ポイントを5つお伝えします。
5000もの広告に打ち勝つためにも頑張りましょう。

■ポイント1:ファーストビュー

「LPを開いて、まず表示される範囲」のことをファーストビューと言います。デザイン、画像、キャッチコピーやボタンの位置等のテストを行いましょう。

■ポイント2:CTA

会員登録、申し込み、購入、資料請求など、LPのゴールのことをCTAと言います。ボタンの場所や色、アクション、ボタンをいくつ設置するかなど、最適化をしていきましょう。

■ポイント3:エントリーフォーム

エントリーフォームの位置が分かりにくかったり、入力をしにくかったりすると、それだけでブラウザバックされてしまう可能性もあります。
入力しやすいか、エラー時のメッセージなどはどうか、他のページに飛ばさずにLP内で入力させるかなど、「閲覧者目線」を重視して様々にテストしましょう。

■ポイント4:コンテンツの中身・表示の順番

サービスや商品との乖離が発生していないか、構成や順番を改良する余地はないかなど、テストを重ねていくべきです。

■ポイント5:LPの表示速度

「表示完了までに3秒以上を要するモバイルページからは53パーセントのアクセス者が離脱する」というデータがあります。画像の軽量化、不要な画像の省略などを行い、できるだけ表示速度を上げましょう。

ここまでLPOのコツを5つ紹介しました。

それでは1つ問います。

「あなたがLPOを実行すると、どの程度の期間と費用がかかりますか?」

一例としてLP制作を他の誰かにやってもらうと、修正だけでも何万円もかかり、修正が終わるのに1~2週間は要するでしょう。この速度では、どれだけ多く用意しても足りません。

だからこそ、自分自身でLPを作り、自分自身でLPOをするべきです。
外注をしているままでは、「赤字続き」からなかなか脱却できないはずです。

「でもLP制作ツールを使うとしても、デザインの知識がゼロに近いから無理」
「これまでにもLP制作ツールを使った経験はあるけれど、上手くいかなかった」
という方もいるでしょう。

そういった皆さんにこそ、こちらのツールを推奨します↓

わずか1時間で「キレイ&反応を取れるマーケティング施策が多く入っているLP」を完成させることが可能なツールです。このツールであれば、LPO目的の修正も瞬時に終わります。

従来のLP制作ツールにはほとんどなかった

・完成形を見ながら直感で制作できる
・誰でもイメージに沿ったLPを制作できる
・ステップメールタイマーも使える
・たくさんのテンプレートによりデザイン素人でも1時間で完成する

といった魅力があります。また、このツールにはネットマーケティング企業が今まで、LPを介して100億円を売り上げてきたLP作りのノウハウが、全て入っているようです。

現在、特典配布中ですので、この機会にこのツールを手に入れることをおすすめします。

ウェブデザイナーにLP制作を頼むべきではない理由

ウェブ集客では、

「LP(ランディングページ)」

が必要となります。

LPは「商品・サービスと客の最初の接点」です。商品やサービスの顔とも言えますから、極めて大事です。

広告でLPを出す場合に、ウェブデザイナーに依頼をして、高いお金と時間を使って制作する人も珍しくありません。ですが、いざ納品されたLPを出してみても、

「思っていたような反応がない……」

というケースは珍しくありません。

当然、キレイなLPと見た目の悪いLPとでは、前者のほうが成約率は高くなりやすいと言えます。

ただ、「キレイなLP=買いたくなる」とは言い切れません。

「キレイなLP」と「売れるLP」は違うということなのです。

では、売れるLPとはどのようなものなのでしょうか。

閲覧者のハートを動かすLPを作るためには、各種マーケティング施策を、
LP内のファーストビュー、CTAボタン、プレット、見出し、コンテンツ紹介、プロフィール、FAQ、比較表、追伸、などに落とし込む必要があると言えます。

また、申し込みボタンを分かりやすい場所に配置したり、アクセス者が離脱しないようにページの表示速度を上げたりすることも大事です。

本当であれば、このレベルでマーケティング的な追及をしてLPを作らなければなりません。
ですが、大半のウェブデザイナーにとっては、「デザインをすること」が仕事ですから、「マーケティング視点での要求」には応えてくれません。

そして依頼者からすれば「売ること」が目的になりますから、
「LPの完成」はスタートでしかありません。

本来は完成したLPを広告等に出し、修正や改善をして、反応を確認して、修正や改善をして……ということを繰り返して、だんだんと「売れるLP」へと導いていくべきです。
これこそが、ウェブマーケティングのあるべき姿です。

ただ、ウェブデザイナーに頼むと、LPの修正だけでも、

費用:数万円
期間:1~2週間

はかかることでしょう。これでは、いくら広告費があっても不足します。

ですから、結局のところ販売者本人がLPを作るべきと言えます。

ただ、
「プログラミングの事もデザインの事も分からないから外注するしかない」
「過去にLP制作ツールを試したけれど、使いこなせなかった」
「結局デザインのノウハウが最低限はないとツールも使えない。私には無理!」
という方もいるでしょう。

そういった人にはこちらのツールが向いています。

1時間で「キレイ&売れるLP」を制作できるツールです。
しかも、これまでのLP制作ツールがほぼ実現していなかった、

・完成形を確認しながら直感的に制作できるため、簡単にイメージに沿ったLPを制作できる
・ステップメールタイマーに対応
・テンプレートが豊富にあるため、慣れていなくても1時間で売れるLPを制作できる

といった魅力があります。

このツールには、あるネットマーケティング会社がLP経由で100億円以上の売上を達成した、LP関連ノウハウが全部詰め込まれています。

限定特典が付与されますので、早めに入手を検討されることをおすすめします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる